自分に得意なアイアンを作るのが鍵

自分に得意なアイアンを作るのが鍵

自分に得意なアイアンを作るのが鍵

ゴルファーなら一度や二度の失敗ではないと思いますが、ドライバー6を使ったティーショットがとても良くてもアイアンが旨く打てないとグリーンに乗らず結果スコアーが悪いと言う人が多く、アイアンがしっかり打てればドライバーはいらないと言う人もいるくらいです。
それだけ重要なアイアンなのですが、ドライバーがゴルフクラブの花とすると日陰の存在でもあるアイアンですが、極端な話グリーン以外では全ての場所で使う可能性があるクラブですから、どれだけ大切なのかは簡単に理解出来ると思います。
数多いアイアンですが実際に全てのクラブを使いこなすと言う事は初心者には難しいので、なん本か使いこなせて自分が得意とするクラブを見つける事がスコアーアップの第一歩です。
5番、7番及び9番等3本程度のクラブを使いこなす事が出来、確実にフェアーウエーにボールを打つ事が出来るようになればスコアーアップは意外と簡単に出来ます。
しかも得意とするクラブを持つ事で、精神的にも余裕が出来るのでミスショットが少なくなる利点があります。
得意とするアイアンを持つ事でクラブの握りやボールの置き位置を少し変えるだけでも、飛距離やボールの上がる角度等を調節出来るようになりますので、あまり多くのクラブを使う必要も無くなってきます。
多くの人がゴルフの練習の為に打ちっぱなしに通うと言う人も多いのですが、ストレス発散の為ならまだしもゴルフの練習の為なら何本かのアイアンをしっかり打てるように練習をしておく方が、実際にコースに出た際にスコアーは良くなります。
実際のコースにでた際には無理をしてでもグリーンに近づけたいと言う欲望が、特に初心者のうちは強くなると思いますが、いかに次のショットが打ちやすいかをボールを打つ事が重要になりますので、肝に銘じておくべきです。
実際のゴルフでは100ヤード+を一打で飛ばせれば、ほとんどのコースはパーオンになりますので単純に考えれば初心者でも簡単に100を切るスコアーになるはずです。
一度冷静に自分のゴルフを振り返り、しっかりアイアンが打てる様に練習する事がスコアーアップの秘訣です。